新型コロナウイルス感染症予防対策について

東進では、生徒の皆さんにとって大切なこの時期に、必要な学習を絶やすことなく継続できるよう、通常通り校舎を開館しています。つきましては生徒の皆さんが安心して登校できるよう、以下①~⑨の通り感染予防の管理・指導を一層強化することとしましたので、お知らせいたします。 ※6月1日時点

①生徒・スタッフともに登校前に体温を確認します。37度以上もしくは平熱+1度以上の熱がある場合は登校を控え、生徒の皆さんには自宅での受講と演習を行うよう指導します。またスタッフは勤務いたしません。

②校舎に登校したら検温を行います。37度以上もしくは平熱+1度以上の熱がある場合は下校していただき、生徒の皆さんには自宅での受講と演習を行うよう指導します。

③生徒・スタッフともに校舎入室時に、マスク着用を徹底します。マスクを着用いただけない場合には入室を控えていただきます。感染予防の強化のためご協力いただきますようお願いします。

④生徒・スタッフともに、教室への校舎入室前および退室時に「アルコール消毒」を徹底します。また、感染予防に有効な「手洗い」をこまめに実施するよう指導を行います。

⑤せき・くしゃみが出る場合「マスク着用」はもちろんですが、ひどい場合には退室いただきます。

⑥校舎で使用したパソコン・マウス・机等は、使用後、毎回消毒した上で、次の使用をするよう徹底します。

⑦受講席では、全員マスク着用のうえ、密集を避けるためにある程度の間隔をとって実施します。

⑧1時限に1回「換気」を行い、中の空気を排出し外の空気と入れ替えます。合わせて、手に振れやすい箇所の消毒も行います。寒いと感じることもあるでしょうがご了承ください。

 

⑨登校が心配な場合は、「自宅受講システム」を活用して自宅での授業の受講と演習を進めるよう指導します。その場合でも、管理システムによって、学習の状況を担当校舎で同時に確認でき、その場にいなくても必要な指導をしっかりと行うことができます。

これらは現時点における対応となり、今後の状況により変更する場合もございますのでご了承ください。最新情報は、このホームページにてお知らせいたします。

トップへ戻る